0

屋形船は昼間と夜のどっちの利用がいいの?

Posted by author on 2018年5月29日 in 未分類 |

屋形船のプランを選ぶ時に、搭乗時間が昼まで、ランチを食べるプランと、搭乗時間が夜で、ディナーを食べるプランがあります。

では屋形船は、昼間に利用するのと、夜に利用するのは、どちらが魅力なのでしょうか?
まず先に答えをいうと、屋形船は昼間には昼間の魅力があり、夜には夜の魅力があります。
そのため一概にどちらが魅力という事は出来ません。

では昼の魅力と夜の魅力をそれぞれ紹介していきます。
まず昼間の魅力は、料金がリーズナブルな点です。
飲食店でもランチとディナーを提供しているお店があれば、ランチはリーズナブルな価格で、ディナーの方が高額になるのが基本です。

屋形船でもそれは同じで、料金相場で言えば、ランチであれば6000円程度、ディナーであれば10000円程度の料金がかかります。
そのため屋形船を安く利用したいという人には、昼間に利用する事をお勧めします。

屋形船というと実際どこから乗るのか気になりますよね。東京湾で営業する老舗の芝浦石川へのアクセスはこちら

また昼間の方が周遊コースで、景色をしっかりと見る事が出来ます。
そのため景色を楽しみたいという人にとっても、昼間の方がお勧めです。
お酒を飲みたいから夜に屋形船を利用するという人もいるかもしれません。

ですがお酒に関しては、昼間でも飲む事が可能です。
昼間に屋形船で飲むと、潮風も気持ちがよく、開放的な気持ちになれるでしょう。
それに居酒屋でも最近は、昼にも営業しているお店がありますが、それでも昼間から騒いでしまうと周囲の迷惑になってしまいます。

そのため昼間に居酒屋で飲んでも、ハメを外せないという人も多いのではないでしょうか?
ですが屋形船なら騒いでも周囲に迷惑をかける事にならないので、安心してハメを外す事が出来ます。

では次は、屋形船の夜の魅力について紹介します。
屋形船の夜の魅力は、なんといっても、夜景です。
東京スカイツリーや大観覧車など、周遊コースでは、キレイにライトアップさせた夜景を楽しむ事が出来ます。

お花見も桜がライトアップされて、幻想的な美しさですし、花火に至っては夜だからこそ花火が漆黒の空に映えると言えるでしょう。

また夜の屋形船は、昼間の屋形船と比べると、確かに料金は高くなっています。
しかしその分、豪華な料理を楽しむ事が出来るのも、魅力だと言えるでしょう。

東京に観光に来ている場合、昼間は観光スポットがたくさんあります。
そのため昼間は活動的に、観光スポットを巡り、夜になると観光スポットは営業時間や公開時間が終了してしまいます。
なので、夜は、ゆっくり東京湾を周遊して楽しむのも、東京観光を楽しむ1つの方法だと言えるのではないでしょうか?

昼間の屋形船も夜の屋形船も、それぞれの魅力があるので、出来ればどちらも利用して欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2018 屋形船の活用方法 All rights reserved.