Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)

WiMAXサービスを導入する際には、契約期間中に利用するWiMAX端末を選択する必要があります。
現在ラインナップしているWiMAX端末としては、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)があります。



Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は名前こそ似ているものの、一体何が違うのでしょうか?
単純に、最新WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を選んでおけば、まず間違いないのでしょうか?



Speed Wi-Fi NEXT WX03



実は、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)とでは、搭載している機能が異なります
ですから、適当にどちらかを選んでしまうと、そのWiMAX端末のメリットを活かせないままにWiMAXライフを送るしかなくなってしまう可能性が出て来ます。



そうなると、きちんとWiMAX端末を選んでおけば手に入るはずだった便利なインターネットライフが手に入らなくなってしまいます
最低でも2年間は続くインターネットライフを左右するWiMAX端末を、運任せの50%の確率で選ぶのはあまりにも無謀です。



W03とWX03のどっちにする?



ですので、しっかりとあなたの用途に合ったWiMAX端末を選びましょう。
そして、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。



その手助けとして、これからSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)それぞれの特徴をご紹介します。

W03(HWD34)とWX03(NAD33)それぞれの特徴は?

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)それぞれの特徴についてですが、以下の通りになります。



Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)
auの通信回線を利用する事で、人口カバー率99%の広い通信エリアに対応。
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)
Bluetoothテザリングを利用する事で、電力消費を抑えた通信に対応。


つまりは、WiMAX 2+通信に対応していないエリアでインターネットを利用する可能性のある方は、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を選ぶと良いです。





ちなみに、WiMAX 2+通信に対応している通信エリアについては、サービスエリアマップにて確認する事が出来ます。
WiMAX 2+と書かれているのがWiMAX 2+通信に対応している通信エリアに該当します。
また、LTEと書かれているのが、auの通信回線であるau 4G LTE通信に対応している通信エリアに該当します。





逆に、WiMAX 2+通信に対応しているエリア内でしかインターネットを利用しないのであれば、バッテリーが長持ちするSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を選んだ方が良いです。
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)なら、長時間でのインターネット通信に対応しています。



Speed Wi-Fi NEXT WX03



実際、Wi-FiテザリングBluetoothテザリングとでは、これだけバッテリーの持続時間に違いが出て来ます。



Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のバッテリー持続時間
省電力モード Wi-Fiテザリング Bluetoothテザリング
ハイパフォーマンスモード 約440分 約580分
ノーマルモード 約600分 約900分
エコモード 約740分 約990分


だからこそ、電源の取れないような場所でインターネットを利用する際には、安心感が違います



↓WiMAXサービスの詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

Speed Wi-Fi NEXT W03とWX03、それぞれの選び方は?

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のそれぞれの特徴についてご紹介しました。
ご紹介した通り、基本的にはau 4G LTEを使用するハイスピードプラスエリアモードが必要かどうかでWiMAX端末を選ぶ方法が、1番失敗する可能性を低くしてくれます。



3種類の通信モード



その他にも、残り2通りSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)かSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)かを選ぶ際に判断基準となるポイントがあります。
こちらは、補足程度に考えて貰うと良いです。



  • auのスマートフォンの契約をしていれば、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の方がお勧め。
  • より高速通信をと考えている方には、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の方がお勧め。


まず、auのスマートフォンの契約をしているとSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)がお勧めな理由ですが、auスマートバリューmineと言うauとWiMAXとのセット割引きキャンペーンがそのポイントになります。
auスマートバリューmineを利用すると、auの月額料金が500〜934円の間で割引きされます。
そして更に、LTEオプション料が無料になるキャンペーン特典も付いて来ます。



auスマートバリューmine



LTEオプション料とは、ハイスピードプラスエリアモードを利用した時に発生する月額1,005円のオプション料金になります。
と言うのも、au 4G LTEはauの通信回線を利用するので、別途使用料金が掛かってしまうのです。





ですが、auスマートバリューmineを利用していれば、特別にこれが無料になります。
ですから、ハイスピードプラスエリアモードを利用する際の負担がなくなるのです。



au 4G LTEを利用する際の負担がなくなる



続いて、より高速通信をと考えている方にはSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)がお勧めな理由ですが、下り最大通信速度が440Mbpsも出る点が挙げれます。
一方で、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の下り最大通信速度は370Mbpsです。
ただ、これはハイスピードプラスエリアモードを利用した場合の下り最大通信速度になります。



前述した通り、ハイスピードプラスエリアモードを利用する際には別途LTEオプション料が必要となります。
また、ハイスピードプラスエリアモードには速度制限が適用される為、あまり頻繁に利用する事が出来ません。
ですので、実質的なSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の下り最大通信速度は、ハイスピードモードを利用した場合の220Mbpsになります。



WiMAX端末の利用出来る通信モード



と言う事で、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)よりもSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の方が、倍の通信速度を出す事が出来ます。
とは言え、実は、下り最大通信速度が220Mbpsだろうが440Mbpsだろうが、既にオーバースペック状態です。
ですから、実用上はほぼ違いが分かりません



と言う事で、あくまでも補足的な判断基準として考えて頂ければと思います。

実際にSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を利用してみて

実際、私はSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のうちのどちらの方を利用しているのかと言うと、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の方を利用しています。
勿論、広い通信エリアに魅力を感じて、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の方を選んだ訳です。



Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)



ですが、正直ビビリなところもあって、速度制限の規制が厳しいハイスピードプラスエリアモードはあまり利用していません。
全く利用しない訳ではありませんが、本当にWiMAX 2+が圏外表示されるような、山間部にいる時だけ利用するような形になっています。



ですが、実際にWiMAX 2+が圏外表示されるような場所であってもau 4G LTEなら繋がるので、その時には感動すら覚えます。
特に、プラチナバンドと言う特性もあるので、山のふもとであっても繋がる事が多いです。
そう言う事から、ハイスピードプラスエリアモードが活躍する機会は少なくないです。



プラチナバンド

今なら、よりお得にSpeed Wi-Fi NEXT W03やWX03が手に入る!

以上、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の特徴や選び方についてご紹介しました。
全部で3通りの選び方をご紹介した訳ですが、いかがでしたか?



ちなみに、ご紹介したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ですが、通常価格で20,000円もします。
WiMAXサービス導入の際にこれだけの料金を請求されるのは、結構負担です。



WiMAX端末代が高い



ですが、UQ WiMAXでWiMAXサービスを申し込む際のキャンペーンを利用すれば、WiMAX端末代を大幅に抑える事が出来ます。
せっかくのキャンペーン特典ですから、是非とも有効活用したいところです。



ちなみに、そんなUQ WiMAXでは、今、WiMAXサービスを申し込んだ方へ向けて10,000円分の商品券のプレゼントも行っています。
通常は3,000円分の商品券のプレゼントキャンペーンを行っていますが、期間限定で商品券の金額が増額されている形になっている訳です。



商品券が増額中



ですので、少しでもお得な今のうちに、キャンペーン特典を利用しましょう。



↓UQ WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
UQ WiMAX